夏休み初日は、総体の初日。バスケ部の応援に来ています

息子の中学校生活初めての夏休みは、バスケ部の大会応援から始まりました。

 

夏休みとは思えないくらい、肌寒い体育館です。

 

3年生にとっては、引退のかかっているこの大会。

ぜひとも、頑張って県大会につなげて欲しい

という気持ちで、応援に来ているのですが…

 

 

中学校の部活動では、

バスケに対して選手の想いも、

保護者の想いも、

温度差が生まれてしまうのは、

いたしかたないのかなぁ…!?

 

 

長女の高校は、

バスケをしたい選手の集まりだったから、

選手も顧問の先生も保護者も熱かったなぁ…

 

 

娘が出ているとか、出ていないとか関係なく、

チームの応援に出かけ、

勝てば、一緒に喜び

負けたら次につながるように、サポートして

引退試合は悔いなく終わり

同級生も、後輩も

『あの時の試合が1番楽しかった~』

と、卒業して2年もたつのに

ステキな思い出となってます!!

 

 

でもね、中学の先輩保護者さん

総体2週間前の練習試合で

『3年生は、もう終わりだから

1年生頑張ってね』って!!

 

はいっ???

総体、これからですけど…

何言ってんの?

『そんなこと言わないで最後の試合まで、

気合い入れて3年生頑張ってよ!!

たとえ、負けても悔いなく終わりたいじゃん!!』

と、お伝えしましたが

『負けは、負けだから…』と。

 

『???』…総体はこれからなのに…

 

 

中には、

『うちは、出てないから関係ないけど、

応援に行っちゃった』って言う方もいたりして…

 

《あなたの息子さんの所属するチームよ。

関係なくないじゃん!!》と思ったり…

 

そんな思いを抱えながら迎えた総体当日。

 

試合開始は 12:45。

 

何はともあれ、精一杯頑張ってねー\(^o^)/